リレーブログ

ライフコンパスコーチのリレーブログ(79) 高田 慎一「応援」

投稿日:

みなさん、こんにちは。

ライフコンパス認定コーチの高田慎一です。

今週のリレーブログは新緑の季節となり、
世界中の観光客で盛り上がっている京都からお届けいたします。

今日お伝えするリレーブログのテーマは「応援」です。

これまでの人生の中で、あの人が応援してくれたから…
あのときあの人が支えてくれたから…
今の自分がある。

そう思うことはないでしょうか。

自分が主役の人生。

ミッションや自分の価値目的に
向かって進む中でも
いろんな時期があります。

人生は
一直線ではなく、
ジグザグ曲線に進むもの。

そうだとしたら、
大変なとき、支えてほしいときに
颯爽と応援してくれる人がいると、
なんとも力強いものです。

自分の周りで応援されている人を見ていると
ある特徴があることに気づきます。

〇本気でやっている。
〇覚悟を決めている。
〇とことん行動している。

こういう人はどんどん応援の力を集めて
現状を突破していきます。

一方、応援する人もどんどん進化していきます。
応援する中で自分も感化されて成長していくのでしょうか。

きっと互いの気持ちがより強い関係をつくっていくのでしょう。

応接していると間違いなく運気も上昇していきます。

ぜひ、みなさんの周りで頑張っている人を
応援してみてください。

最後に大きな挑戦に向かって本気で取り組まれている
ライフコンパス認定コーチをご紹介したいと思います。

2019年8月24日.
大阪中之島中央公会堂で井上先生と
1000名の講演会を実施される水江卓也さんです。

今回水江さんからメッセージをいただきましたので
ご紹介させていただきます。

「皆さまこんにちは水江卓也です。

今回、ご厚意で、ライフコンパスリレーブログに

ご紹介いただき誠にありがとうございます。

私、水江卓也は8月24日大阪市中央公会堂にて、
大きな挑戦をいたします。

中央公会堂1000人講演です。

ちょうど昨年の5月13日、今から1年前のことです。

ライフコンパスを受講させていただいた後の

懇親会にて、この度の講演の決断をいたしました。

できるからやれるのではなく、やると決めるからできる!

そして自らのステージを上げる!

ライフコンパスから学ばせていただいたことを実践し、
本当に証明したく思います。

しかし、当然一人には限界があります。

どうかライフコンパスの皆さまのお力をお貸しいただけないでしょうか?

ゲストスピーカーに井上先生にもご登壇いただけることになりました。

どうぞ、よろしくお願いします。」

みなさん、水江さんの大阪1000名講演会に向けて、
どうか応援をよろしくお願いいたします。

お申込みは以下のリンクからお願いいたします。
https://ex-pa.jp/item/15254

水江さんが大阪中央公会堂セミナーのテーマや想いを
YouTubeでも語っておられます。
ぜひご覧ください。


最後までお読みいただき、ありがとうございます 。

-リレーブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライフコンパスコーチのリレーブログ(51)櫻木 由紀 「1ヶ月半で現実を変える方法」

今回リレーブログを担当させていただく 櫻木由紀です。   わたしは今年の6月末に大阪から東京に引っ越し 新しい職場で翻訳の仕事をしています。   そのきっかけになることが起こった後 …

ライフコンパスコーチのリレーブログ(2)大竹 千夏

おはようございます。 第2回のリレーブログを担当します 大竹 千夏です。 私は東京都出身で、ハワイに移住し22年。現在はハワイと札幌市に拠点を置き、 ハワイではツアーの仕事、札幌では英語スクールとカウ …

ライフコンパスコーチ リレーブログ(8)植木弘子

皆さま、おはようございます。 リレーブログ8回目を担当させていただきます植木弘子です。 千葉県で歯科医をしております。 日々、患者さんの人生をプロデュースするつもりで、一人一人と向き合って、診療をして …

「潜在意識は変えることが出来る」(43)三上 正美

皆様 おはようございます! 神様の国 島根県飯南町の 三上正美です。   色彩あふれる紅葉の美しさに心弾む季節となりました。   早いもので今年も3か月足らずとなりました。 皆様は …

ライフコンパスコーチのリレーブログ(60)澤村 礼『ありたい自分のためにできること』

皆さま、おはようございます60回目のライフコンパスコーチのリレーブログは真っ白な雪でおおわれた北海道富良野から、澤村礼がお届けします テーマは『ありたい自分のためにできること』自分のためにこれまでの環 …