リレーブログ

ライフコンパスコーチのブログ(117)「上手に怒る?」櫻井直樹

投稿日:2020年4月27日 更新日:

皆さま、おはようございます。

今週のライフコンパスコーチのリレーブログ117回目は歯科医師であり、認定心理士の櫻井直樹が担当します。

コロナパンデミックにより緊急事態宣言が発令され、外出自粛となり家庭内での諍いによる虐待や離婚が急増している様ですね。

諍いの元になるものは相手や出来事に対して感じる「怒り」です。

「怒る」ということは感情ですから、悪いことでも我慢するべきことでもありません。

大事なことは「怒り」をどう表現するか?なのです。

怒りに任せて怒鳴り散らす。

怒りに任せてつい手が出た。

多くの人はこれで失敗し、後悔しているのではないでしょうか。

怒りは誰かや出来事が起こすのではなく、自分で怒ると判断した結果です。

この判断基準がコアビリーフといわれる人それぞれの価値観です。

価値観は人によってかなり違います。

「そんなこと言われなくても分かっている」と言われるかもしれません。

ですが

「そんなこと常識」とか「常識で考えれば」とかと自然に口にしているとしたら

その人は価値観の違いを認識していない証拠です。

また「べき」という言葉を使ったらそれも価値観の違いを忘れていると言えます。

ここに気をつけないと価値観の違いを意識できずに叱ればパワハラ、悪くすると、すぐにキレてヤバい奴になるのです。

逆に「自分さえ我慢すれば」と怒りを溜めこんだり、自分を責めてしまう人もいます。

私達は怒りをコントロールすることは難しいと思っているため、つい叱らずに済めばと叱ることを諦めてしまうのです。

それは嫌われたくない、面倒くさい奴と思われたくないと理由をつけてしまうためです。

これは教育のチャンスを逃すと同時にストレスをため込む作業でもあります。

この積み重ねがちょっとしたきっかけで結局、爆発することになります。

だからこそ“上手に叱る”ことを学ばなければなりません。

叱る目的は「意識と行動の変容」です。

そのため、気付かせることが重要です。

具体的には

まず、自分がどう感じたかをアイメッセージでつたえること。その上で

1、して欲しい行動を明確にすること

2、感情的ではなく論理的に

3、マンツーマン(人前で恥ずかしい思いをさせる必要はありません)

です。

中間管理職では叱れない人が多くなっていると言います。

怒りに身を任せないことも大事ですが

我慢するのではなく

叱ることを恐れない勇気も大事ですね。

 

-リレーブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライフコンパスコーチのリレーブログ(105)膳師弘育 「いい言葉を使っていく」

皆さま、おはようございます。 ライフコンパスコーチのリレーブログ。 第105回は、膳師弘育が担当させていただきます。 今回テーマは、「いい言葉を使っていく」です。 私たちは、言葉によって多くのことを考 …

ライフコンパスコーチのリレーブログ(51)櫻木 由紀 「1ヶ月半で現実を変える方法」

今回リレーブログを担当させていただく 櫻木由紀です。   わたしは今年の6月末に大阪から東京に引っ越し 新しい職場で翻訳の仕事をしています。   そのきっかけになることが起こった後 …

ライフコンパスコーチのリレーブログ(53) 荒井祥恵

優先席に座る人は「人間のクズ」? 総武線快速に乗っていたら 優先席が空きました。 小学生の男の子が座りたそうにしたら 「身体障害者以外で、 優先席に座る奴は人間のクズだぞ」 と、男の子の父親。 男の子 …

ライフコンパスコーチのリレーブログ(39)市木忠司

ライフコンパス認定コーチ・リレーブログ 第39回は私、市木忠司が担当します! すっかり秋めいてきました。今回は、やらない理由を考えない。事をテーマに書きます。 ちょうど秋です。芸術の秋、スポーツの秋、 …

ライフコンパスコーチのリレーブログ(65)櫻木由紀「二人の師匠から学ぶ『運を良くする=幸せになる』方法

こんにちは、認定コーチの櫻木由紀です。  ここ数年、年初には井上裕之先生のキックオフセミナーに出席するのが 習慣になり、今年も参加させていただきました。   今年のキックオフは 「 能力を超 …