リレーブログ

ライフコンパスコーチ リレーブログ(147)櫻井 慶子

投稿日:

コロナ禍に明け暮れた今年最後の
リレーブログは、東京都大田区で、
中国の伝統医学理論に基づいた
整体サロンを主宰している、私、
櫻井慶子が担当いたします。

実は、今回のブログは全く別の
内容で書いていました。

けれども、昨夜最後にご来店
いただいたお客様のお話が
とても心に残り、
どうしてもこのタイミングで、
しかも彼女の言葉をなるべく
そのままの形で皆様にお届け
したくて、今朝になってから
急遽内容を変更しました。

井上裕之先生の最新刊
「本物の気づかい」の第2章
にも通じる、示唆に富む
彼女の言葉。
年末のお忙しい時期ですが、
ご一読いただけたら幸いです。

先日、勤めていた会社が
倒産しました。

原因はコロナ禍だけではなく、
長い年月の中で少しずつ溜まって
行った澱のようなものが、
コロナ禍をきっかけに溢れ出して
止まらなくなった…そんな感じでした。

会社が民事再生法適用を申請して
から、管財人がやって来て再建に
向けて動き出したのですが、
今はどこの企業も大変だし、
うちの会社のブランド価値も
どん底で、丸ごと引き受けて
くれる譲渡先は到頭見つかりませんでした。

その間に、当然のことながら
希望退職者を大量に募ったり、
大規模なリストラが何度もあって、
会社からどんどん人がいなくなりました。

幸か不幸か
私は退職勧告は受けませんでした。

逆に、まだ29歳と若いので
早々に自分から辞めて次の仕事を
探すという選択肢もあったのですが、
人が減れば残った人間の仕事の
負荷は当然増えます。

それが分かっているのに無責任に
辞めるのは、人として
なんだか違う気がしたのです。

いいえ、それだけでないですね。

もっと正直に言うと、
私は管財人という今までのシ
ガラミが全くない経営者によって、
今まで当たり前だと思っていた
仕事のやり方を全否定されて、
会社が根こそぎ作り替えられて
いくことから目が離せなくなって、
どうしても最後まで見届けたくなったのです。

どこを切り、どこを生かすか。
誰を切り、誰を残すか。

全てが目からウロコでしたが、
切られたのは、どこかで潜在的に
私を含めた多くの社員が
「あの部分が会社のガンだ」と
感じていた、正にその部分だった
ような気もしました。

あんなに大きかった会社が
百分の一ほどになったのに、
業務はむしろ以前より遅滞なく
遂行できている。

「ああ、会社にも断捨離が必要
なんだな。必要なのは、たった
これだけだったんだ」

断捨離の後のクローゼットみたいに
風通しが良くなった社内と業務を
見渡しながら、この道のプロである
管財人ってやっぱりすごいなと
素直に思いました。
そして、今までの私や周囲の
仕事ぶりがどれだけ甘いもの
だったか、今更ながら反省しました。

そんな状況の社内で、私は改めて
「社会人としての私の価値」を、
管財人の方の物の見方に倣って
見直してみたのです。

多くの業務がそこにいる人材ごと
消えて行きましたが、私に関しては
ありがたいことに譲渡される予定の
会社から残って欲しいと言われていました。

けれども、ダンボールに他の服と一緒に
詰められて送られても、
私が新しい所有者(会社)の
ときめく服(有用な人材)でいられる
かは分からない。
それなら自分を市場に出して、
マッチングする企業を探そうと思ったのです。

この数ヶ月は必死でした。
10月に会社は破産が決定して、
業務も終結に向けて
忙しくなっているのに、帰宅してから
転職したい会社を調べて、エントリー
シートを書き続け、送り続けました。

そして先月からは、週に数回、
夜7時半とか8時から面接を
繰り返しました。
新卒の就活の時よりずっと大変でしたが、
いろいろな企業やいろいろな担当者と
会って、自分とその会社を主体的に
マッチングさせていく作業は、
ものすごく疲れましたけれど、
ものすごくエキサイティングで
勉強にもなりました。

伝わる文章を書き、伝わる応答をする。
相手の意図するところを正確に把握して、
相手の呼吸を読みながら的確に答える。

私、今なら何でも売れる気がします。
きっとものすごく優秀なセールスマン
にだってなれると思います!笑

そして一昨日、どうしてもここに
入りたいと思っていた企業から
採用の通知が来たのです。
スマホを持ったまま、思わず床に
座り込んでしまいました。

この半年は、皆さんもそうだったとは
思いますけれど、
私にとって本当に激動の半年でした。

でも、振り返ってみたらすごく強く
なっていた自分を見つけて、
なんだか自信もつきました。

こんな時期ですから、
今度の会社も潰れるかもしれません。
だけど、そうなったら今回より
ずっと上手に動くことができると思うし、
ずっと的確な判断もできると思うので、
変化に対する怖れが減りました。

よく言われますけれど、変化って
本当にチャンスなのかもしれませんね!

いかがでしたでしょうか?

こうして文章にすると、自信満々の
鼻持ちならない若い女性を
イメージされるかもしれませんが、
ご本人はいたって穏やかで優しい雰囲気の方。

施術の後、脱いだ施術着や
寝ていた施術ベッドの乱れを、
さり気なく整えてくれている
その加減が絶妙で、
本物の気づかいができるというのは
こういう人なのだと感心しました。

来年は、長引くコロナ禍の影響が
もっと大きく社会を変えて行く
かもしれません。
けれども、どんな世の中になっても
人が人として成長するには、
他の人とどう行動して行くかに
かかっているのだ
と改めて感じた年の瀬の一日でした。

どうぞ皆様、良いお年をお迎えください。

-リレーブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライフコンパスコーチ リレーブログ(33) 大竹 千夏

おはようございます! 33回目を担当いたしますライフコンパス認定コーチの大竹千夏です。 前回、澤村礼さんからご紹介がありましたように、 私は7月14日に札幌駅地下直結のビルにハワイアンカフェをオープン …

ライフコンパコーチのリレーブログ((68)市木 忠司『目標を決める大切さ』

ライフコンパス認定コーチ・リレーブログ 第68回は私、市木忠司が担当します 皆さんは以下のような話は何度か聞いたことがあると思います。 強く思ったことは、 必ず実現する。それゆえ、四半期、半年、1年、 …

ライフコンパスコーチのリレーブログ(1)池田 和子

ライフコンパスコーチのブログへようこそ! アクセスしてくださり、ありがとうございます。 私たちライフコンパスコーチは、ライフ コンパスの提唱者である井上裕之先生の プログラムを受講し、そのライフコンパ …

ライフコンパスコーチのリレーブログ(96)市木「ブレない心を持つ」」

ライフコンパス認定コーチ・リレーブログ 第96回は私、市木忠司が担当します 自分がやりたいこと、周りにしてほしいことがあるのに、それを伝えても 会社で部下や上司が全く動いてくれない… 家庭で家族が聞く …

ライフコンパスコーチのリレーブログ(3)小林 功

皆さま、おはようございます。 いよいよ、2017年の幕開けを 迎えました! お正月は、いかがお過ごしでしょうか。 第3回、かつ新年はじめてのブログは、 私、小林 功が担当します。 本題に入るまえに、自 …